nabe_s.gifたなべカレーⅡ

2013.07.23

定点カメラより


和歌山県田辺市で2度目のカレーキャラバン。「アート田辺2013」へ「フードコミュニケーター」という肩書き(新語!)で参加しました。今回のキャラバンサイトは田辺駅前商店街の一角(湊交差点前)。アート田辺参加アーティストの住中 浩史さんの作品、「引き売りカウンター」をお借りし、キャラバンスタート。
テントを張り、準備を始めると、キャラバンサイトの裏にある割烹から、強面のご主人が様子を見に出てきました。カレーキャラバンの主旨を説明すると「なんか困ったことあったらなんでも言って!店が休みで道具も貸せるから」とありがたい言葉をかけていただきました。キャラバンサイトの設営を始める時は、突然まちの中へ料理場をつくり始めるわけで、いつも少なからず緊張するのですが、(このときも、はじめは怒られるのかと思った・・)突然現れた謎の(?)私たちへこうしてあたたかい言葉をかけていただけるのは、田辺のまちだからなのか、カレーの力なのか・・・ほっと胸を撫で下ろしました。
キャラバンサイト向かいには、精肉店があり、お肉を買いに行くと、お店の方へカレーキャラバンのことを説明しているご婦人が!驚いて覗き込むと、去年の田辺キャンプでお世話になったトイランド ヨネクラの奥さんでした。ヨネクラさんからは、お手製の福神漬け(絶品でした!)を差し入れしていただき、付近のお店も教えていただきました。
鍋を煮ていると、アート田辺のパンフレットを片手にカレーキャラバンを探して遊びに来てくださる方や、去年のカレーキャラバンでお会いした田辺の方々が次々にいらっしゃいました。アラブ土産というスパイスの差し入れも!
2回目の「たなべカレー」は、田辺の夏野菜、フルーツを贅沢に使い、フルーティーでしっかりスパイシーな夏にぴったりのカレーに仕上がりました。田辺のみなさま、今回もありがとうございました。

レシピ

①野菜・フルーツを切る。

田辺まで来てくれた(!)加藤研2年生のフクミンちゃんが色とりどりの野菜を刻みます。

②タマネギペーストをつくる。

今回は現場でペーストづくり。ひたすら刻みひたすら炒めます。

③ピュレをつくる。

トマト、桃、バレンシア、甘夏などふんだんに使いピュレをつくります。

④スパイスペーストをつくる。

炒めたタマネギに、ターメリック、カルダモン、シナモン、コリアンダー、クミン、クローブを入れていきます。豚ミンチ、タナベカレーではおなじみの生節もあわせていきます。

⑤野菜を加えて炒めあわせます。

スパイスペースト鍋へ野菜をどんどんあわせていきます。

⑥ピュレとスパイスペーストを合わせて煮込みます。

色とりどりの野菜が入った鍋をひたすら煮込み、味の調整。

⑦完成!!

材料

トマト、タマネギ、ジャガイモ、山のはちみつ、甘夏、梨、バレンシア、まくあうり、ショウガ、ニンニク、パプリカ、ゴーヤ、梅酢、塩、桃、生節 [紀州の産直広場 よってって]
あらごし梅酒 [リカーショップ スナノ]
豚ミンチ [浜口精肉店]
炊きたてご飯 [田上米穀店]

福神漬け [ヨネクラさんから差し入れ]


tan2_01.jpg
tan2_11.jpgtan2_04.jpg
tan2_08.jpgtan2_09.jpg
tan2_14.jpgtan2_05.jpg
tan2_03.jpgtan2_15.jpg
tan2_06.jpgtan2_07.jpg
tan2_18.jpgtan2_20.jpg
tan2_10.jpgtan2_12.jpg

クリックすると拡大します。