nabe_s.gif墨大カレーⅡ

2012.04.14

墨東大学の講義「墨大カレー考2」でつくりました。参加人数も、通りすがりの人達も前回に比べ多く、パスタ(主食)やデザートまで盛りだくさんでした。今回のカレーは、スパイスから作ることに挑戦し、試行錯誤のカレー考でした。
前回同様、カレーの歴史などの講義から始まり、東京都墨田区京島の商店街をリサーチします。それぞれが目に留まった食材などからレシピのイメージづくりをし、商店街へ買い出しへ。
野菜を切る人、パスタをうつ人、ひたすら炒める人、アドバイスをする人、それぞれが調理を始めます。料理の仕方は人の数だけあり、野菜の切り方も人それぞれ。意外な切り方が出てくるのもカレー考ならでは。レシピのないおもしろさでもあります。
今回は、盛りつけにターリー皿が登場しました。わいわい言いながら盛り合わせ、カレーをいただきました。

レシピ

オリーブ油でみじん切りにしたニンニクを炒める。香りが出たら、ペースト状タマネギを加え、飴色になるまで炒める。

持ち込み道具のハンディプロセッサーでタマネギをみじん切り。手で切るよりはうんと細かく、ペースト状になったタマネギをひたすら炒めてなんとか飴色状に。

鶏肉は、一口サイズに切り、塩胡椒し、5mm角程に切ったイチゴと和える。

蒲田のお土産のイチゴ。「果物の酵素はお肉を柔らかくする」ということで、和えてみることに。こんな選択肢も大勢で調理するからこそ。

①に②を加え、鶏肉の色が変わるまで炒める。
クミン、コリアンダー、レッドペッパー、ターメリック、カルダモンを調合。③に加え、月桂樹、水を3〜400cc加え、煮込む。

味見をすると、うっすらカレー風味のスープのような印象。さらにスパイスを投入するものの、ペースト状にしたタマネギの甘さが際立ってスパイスが負けてしまう。

ブラックチョコレートを加える。

味見をする人みんな「甘い・・・」(タマネギによる)という中、深みを求めてブラックチョコレートをこっそり投入。

調合スパイスをフライパンで炒って加える。

フライパンで炒る事で深みがでたか。辛みが足りず、レッドペッパーをさらに加える。

赤味噌を加える。

墨大カレーのお約束となった赤味噌。最後にパンチを出すために赤味噌を加え、力強い味になりました。

それぞれ切った、ゴーヤ、ナス、カボチャ、パプリカ、インゲン、オクラをフライパンで炒める。火が通ったところで、カレーを加る。

完成!!

材料

スパイス:クミン/コリアンダー/レッドペッパー/ターメリック/カルダモン
隠し味:ブラックチョコレート/赤味噌
具材:鶏胸肉/タマネギ/ニンニク/イチゴ/ゴーヤ/ナス/カボチャ/パプリカ/インゲン/オクラ
主食:パスタ/パン耳

bok2_05.jpg
bok2_06.jpgbok2_03.jpg
bok2_08.jpgbok2_02.jpg
bok2_10.jpgbok2_07.jpg

クリックすると拡大します。