11. くにたちカレー

2013年6月30日(日)国立本店(東京都国立市)

初夏の国立へ。本を取り扱いながら、まちについて考えていくためのコミュニティスペース「国立本店」の店先でカレーをつくりました。

 カレーキャラバンショートムービー

  Film by Kana Ohashi (ユタカナ)

定点カメラ

今回は国立本店を拠点に日々活動している「ほんとまち編集室」のみなさんと一緒にカレーをつくりました。
買い出しは国立本店の目の前にある「しゅんかしゅんか」へ。このお店に置いてある野菜はそのほとんどが国立産(!)。少し興奮気味になった僕たちは次々と目の前にある野菜をバスケットに入れていきます。何種類かのナス、葉唐辛子、ジャガイモ、ズッキーニ・・・・国立でこんなに色々な野菜が作られているのか!?という興奮も手伝って、いつもよりかなり多めの野菜を買い込みました。国立産のお米も手に入り、お店で精米までしていただきました。その時のテンションや目の前にある食材でカレーの性格が決まるのは、キャラバンならではです。続いて、ほんとまち編集室の皆さんに連れられてしばらく歩きます。向かう先は、薫製屋さんの「ノイフランク」。ショーケースの中にはベーコンやハム、ソーセージなど美味しそうなお肉がたくさんありました。ノイフランクのお客さんでカレーに入れる方がいるという話を伺い、「ディックブルスト」というベーコン、タマネギ、豚粗挽きが入った立派なソーセージと、タンドール壱号で焼いたら美味しそう!ということでベーコンを厚切りにしてもらいました。
 買い物が終わり、国立本店へ。いよいよ調理の始まりです。ほんとまち編集室のみなさんの手で、たくさんの野菜が、どんどん刻まれ、美しく刻まれた野菜たちが次々とテーブルの上に並んでいきます。外の鍋を火にかけ、スパイスペースト、スープ、ピュレを煮込み始めると、通りに匂いが立ち上がり、道行く人たちからは、何度も「何作ってるの?」と聞かれます。
 そして予告通り18時にカレーは完成。通りすがりの人たち、国立本店に馴染みのある人たち、キャラバンメンバーの友人たちなどなど、たくさんの人がぞくぞく集まり、なんと国立本店の前には行列が。国立野菜たっぷりのくにたちカレー、タンドリーチキン、窯焼きベーコンとソーセージを集まったみんなで食べながら、色々な話に花を咲かせます。みんな笑顔。子どもたちは道端に座り込んでカレーを食べています。中にはお買い物帰りの80歳のおばあちゃんも。カレーを食べながら、おばあちゃんのこれまでの波瀾万丈の人生のお話をみんなで聞き入るトークショーのような一幕も。
 色々な印象的なシーンを見ることが出来たカレーキャラバン@国立本店は、あっという間にカレー鍋がからっぽになりました。作る時間は結構長くても、食べ始めるとあっという間で、まるで夏の花火のようだなと感じました。国立というまち、そのまちが大好きでそこで活動を続けるほんとまち編集室の皆さん、それに国立で暮らしてる大勢の人たち。こんなステキな輪のなかに僕たちカレーキャラバンは一瞬だけ紛れ込ませてもらって、忘れられない時間を過ごすことが出来ました。またいつか会えることを楽しみにしています。ありがとうございました。

今日の食材
キヌヒカリ(国立産米),ズッキーニ,黄ズッキーニ,白ナス,水ナス,UFOズッキーニ,トマト,じゃがいも,スイカ,ニンニク,国立蜂蜜,オリーブオイル,長ネギ/オクラ(しゅんかしゅんか)
ベーコン,ハム,ディックブルスト(ノイフランク)
フレッシュ・ヴィタ・ヴィーノ,マルチ・ヴィタ・ヴィーノ,グレープフルーツワイン(SEKIYA)
バター,ショウガ,鶏胸肉,豚挽肉,ヨーグルト(SEIYU)

FIRST SEASON

SECOND SEASON

番外編


THIRD SEASON

THIRD SEASON 番外編