10. ブリヤベースの牛スジカレー

2013年5月19日(土)コミュニティーカフェ「イイコト」(富山県氷見市)

加藤文俊研究室の氷見キャンプとともに、カレーキャラバンも富山県氷見市へおじゃましました。アートNPOヒミングが運営する、海の香りが届く商店街にあるコミュニティーカフェ「イイコト」の店先をお借りしカレー鍋を炊きました。

定点カメラ

氷見に到着したキャラバン前夜、ヒミングスタッフのジュンコさんから「ブリのスープがあるよ~」とカレーのベースになるスープを大量にいただくことになりました。今回のカレーはこの「ブリスープ(ブリヤベース?)」を軸に作っていくことになります。キャラバン当日、矢吹カレーで一緒だったユタカナのふたりと合流し、himming Art Centerにてコーヒーを飲みながら作戦会議。直売所や教えていただいたお店をまわり、ブリのスープを想像しながら食材を買いそろえました。直売所「おらっちゃの店」も、地元のスーパー「ハッピータウン」も大勢の買い物をする人や腰掛けてワイワイ話をする人たちの輪が目に止まり、氷見の方々が日常を楽しんでいる様子がうかがえました。
今回は、まずターリー皿にのせるメニュー(氷見産コシヒカリ/ブリ+牛スジカレー/タンドリーチキン/紅白バーニャカウダ/いりがし)を計画してから調理開始。商店街で鍋を炊いていると、お隣に住んでいるおじさんが様子を見に来ます。夕方、食べに来てくださいとお誘いすると、「固めのご飯が好きだから、ご飯だけ自分のを持ってきていいか?」とのこと。もちろんです。そして、スープ、ピュレ、スパイスペーストをグツグツ。それぞれの鍋からなんとも複雑な香ばしい香りが立ちのぼります。7~80人前を想定して、寸胴鍋2つでカレーを仕上げていきます。スパイス、魚くささの調整などなどあーでもないこーでもないといいながらカレーが完成。完成予定時間の18時になると、通りがかりに声をかけてくださった方が、一家全員で来てくださいました。カレーを振る舞い始めると、鍋のまわりには人だかりができ、あっというまに1.5升のご飯はからっぽに。追加のご飯を炊くのに、鍋で炊くと11分で炊けるよ!というお知恵をいただき半寸胴鍋で炊飯にチャレンジ。炊きあがったご飯は、ツヤツヤ!寸胴でもご飯が炊ける!という新たな発見でした。人の波が落ち着いてからは、タンドール窯のまわりに自然と人の輪ができました。焼き上がるタンドールチキンを見つめながらゆったりとした時間が流れていきます。人が火を囲む光景はなんともいえない幸せなムードを醸し出します。
みなさんに美味しい!といっていただき、永芳閣女将ヒラタさんからは「元気になった!よみがえりのカレー!」と言っていただいた今回のカレー。力強いブリスープが私たちを引っぱっていってくれたのではないかなあと思います。そもそも、料理に関しては素人の私たち。まちの食材やみんなの知恵が私たちの力以上のものを生み出す力になるんだなと実感した氷見カレーキャラバンでした。みなさま、ありがとうございました!

今日の食材
干し柿,梅干し,りんごゆずジュース(おらっちゃの店)
氷見牛スジ(肉の長井)
バター,セロリ,レモン,トマト,新ジャガイモ,パセリ,ショウガ,新ニンジン,ニンニク(新鮮市場 ハッピータウン店)
ズブロッカ(ROCKY)
酒粕(高澤酒造店さんから差し入れ)
青ネギ,ミョウガダケ(平田さんから差し入れ)
ブリのスープ(スズキジュンコさんから差し入れ)

FIRST SEASON

SECOND SEASON

番外編


THIRD SEASON

THIRD SEASON 番外編