08. やぶきカレー

2013年2月16-17日(土・日)やぶき復興まちづくりセンター&サイドハウス(福島県西白河郡矢吹町)

今回のカレーキャラバンは、福島県西白河郡矢吹町へ。2月17日に行なわれた「第1回 矢吹復興まちづくり車座会議」で、ワークショップが始まる前に参加者のみなさんに「やぶきカレー」を振る舞いました。

 カレーキャラバンショートムービー

  Film by Kana Ohashi (ユタカナ)

定点カメラ[カレーつくる編]

 

定点カメラ[カレー食べる編]

ワークショップ参加者、スタッフの方を合わせると100人程ということで、100人前のカレーを作ることになりました。普段は50人前程の量をつくっているため、いつもの2倍という量に緊張しつつ、前日の16日に矢吹入りし、「やぶき復興まちづくりセンター」の厨房と、その前にあるかわいらしいコンテナのような「サイドハウス」をお借りしてキャラバン開始!まちづくりセンターには、センター長の阿部さんが育てたじゃがいもが大量に届けられていました。
まずリサーチと買い出しへ。初めに出かけたお肉屋さんで、恐る恐る「豚バラ5kgください...」というと、お店の方に「5キロ!?」とビックリされることに。言っている私も普段のスケール感から逸脱していることに戸惑いながらも、100人前のカレーをつくることを伝えると、お肉屋の奥さんが「それじゃあ5kgだと、ひとり当たり50gだから多いくらい」と大体ひとりぐらいの量を取り分けて見せてくれました。それを見て、適量だなと安心する我々。スープもお肉屋さんにアドバイスをいただき、今回は鶏ガラを使うことに決定。その後、青果店、八百屋、酒屋をめぐり、買い出しは終了。
まちづくりセンターに戻り、ひとまず手分けをしてとりかかります。手伝いにきてくださった矢吹の方々や地球研の石川さん、ユタカナの裕太郎さんが大量の野菜を切り刻んでくれました。いつも使っている寸胴鍋(50人前用)ふたつで調理する予定が、100人にふるまうには足りないのではないかということで、矢吹でお借りした1.5倍サイズの巨大鍋ふたつで調理することになりました。つまり、いつもの3倍の150人前...私は緊張しすぎて挙動不審になりつつペーストを練りました。オロオロする私の横で、カレーキャラバンの理念どおり、あの場所に居合わせた方々の知恵が少しずつ合わさり、日が暮れる頃には巨大な鍋の中は段々とカレーらしくなっていきます。照明設備がないサイドハウスには、お向かいのおもちゃ屋さんによって急遽電気工事が施され、明かりが灯りました。そんな明かりの下、矢吹の食材や鍋を囲んだみなさんの知恵、力をまぜあわせた「やぶきカレー」はひとまず完成!
ワークショップ当日。一晩寝かせたのが功を奏したのか、なかなか美味しくなったやぶきカレーは、たくさんの方がおかわりをしてくださいました。そしてなんとキャラバン史上初めての感謝状までいただきました。子供たちから大人まで、ワイワイとカレーを囲む光景や、「矢吹のまちに夢を咲かせよう!」と題された午後のワークショップの盛り上がる様子を見て、食事をともにすることは、心をわかちあうことにつながるのかなと感じた矢吹カレーキャラバンでした。みなさま、ありがとうございました!

今日の食材
タマネギ,凍み豆腐,ほうれん草,ショウガ,レモン(若松屋)
豚肉バラ,鶏ガラ(川崎屋)
大根,ニンニク,リンゴ,セロリ(橋本商店)
料理酒,ゆず酒(大木代吉本店)
ジャガイモ(阿部さんの畑)
 
◎ 料理酒は大木代吉本店さんから、ジャガイモは、センター長の阿部さんからいただきました。

FIRST SEASON

SECOND SEASON

番外編


THIRD SEASON

THIRD SEASON 番外編