“しょうがおじさんの憂鬱”

困ったことや、くだらないことまで、やむをえず相談にのるおじさん