nabe_s.gif釜石 カレー考

2013.11.1-3

加藤文俊研究室のとともに、岩手県釜石市へ。「釜石 カレー考」は、カレーキャラバンとユタカナの5人が釜石市内の7店舗、10皿のカレーについて140文字で綴ったものです。

このまちは、どうやらカレーよりもラーメンらしい。でも、ぼくたちは「カレーキャラバン」だ。じゃあやっぱり…ってことで、かぎられた時間のなかで、歩ける範囲で釜石のまちのカレーをさがした。
味は、心に刻まれる。青い空、暖かい日差し、まちの人びとと交わした言葉。すべてが、カレーを美味しくする。だから、採点もランキングもいらない。カレーのある情景を、できるだけ鮮明に覚えておくのだ。
二〇一三年十一月二日。ぼくたちが出会ったカレーをめぐる、ちいさな「ものがたり」を束ねて『釜石 カレー考』ができた。

「釜石 カレー考」序文より

※クリックすると拡大します。
00.pdf01.pdf02.pdf03.pdfmap.pdf