About

カレーキャラバンとは?

 

カレーキャラバンは、全国各地のまちへ出かけ、その場所で調達した食材と、その場所に居合わせた人びとの知恵をまぜあわせ、その日、その場かぎりのカレーをつくり、みんなで食べるプロジェクトです。カレーキャラバンは、人とのつながり方、かかわり方を知る手がかりになります。少し大げさに言えば、これからの私たちの暮らし方、生き方のヒントを得るきっかけになります。まちの一角で鍋を炊くと、自然と人が集まってきて、一緒に鍋をかきまぜながら、会話が始まります。その中で、まちのことを知り、近くにいる人びととの紐帯の強さや協力することの意味について考え、分かち合うことの喜びをあらためて実感することができるのです。

Members

 

Aiko Eguchi 江口亜維子

1981年石川県生まれ。
 

Fumitoshi Kato 加藤文俊

1962年京都府生まれ。

2012年3月より、カレーキャラバンを開始。
主な展覧会に、2012年「水と土の芸術祭」(新潟)、2013年「アート田辺2013」(和歌山)、2016年「KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭」。受賞に、2015年グッドデザイン賞(コミュニケーションの場を生み出す活動)。著書に、『つながるカレーコミュニケーションを「味わう」場をつくる』(2014年 フィルムアート社)、『まだまだつながるカレー』(2016年)(ともに木村健世との共著)。